読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇場版遊戯王感想・メモ②

ところかわって(BGMも雰囲気かわるよ

日常パートの各所にでてくるたろくん(スタッフ好きすぎ)に
和みながら遊戯さんたちのシーン。
今回のあんずは前半とくにゼアル次元だな~て思う
スカートの短さと女子の可愛さに定評のある桑原監督
御伽くんち今屋台やってるの??
お父さんと仲良くやってるみたいで良かったよ…!!
デュエルディスクを直してあげてる本田くんかっこよすぎる。
百済木さんたちが行方不明だという情報をタブレットで見てる遊戯さん。
公開前まだほぼ情報なしのPVで杏子がスマホ持ってて
時代に合わせたんだな~って思ってたけど
一年で町が進化しすぎててむしろそうなってなきゃおかしいっていう
全く違和感なく現代と同舞台に仕立てる高橋先生の天性のバランス感覚よ…

むしろ現代より先行ってるじゃないかこれ…ネオドミノまったなし。


デュエリスト諸君!でインしてくる社長。

TVジャック健在なんですね!!!

続きを読む

劇場版遊戯王感想・メモ①

4回の観劇をへてようやく落ち着いて、

いや落ち着いてはいないんですが

リアルタイムの思いを残しておきたいので感想を書こうと思います。
(書き終ったのは11回目の観劇後です)

続きを読む

友ポエム

蒼星がナイルを揺らす頃
私は舟を出すでしょう
あなたを迎えに行くでしょう
空の舟を一人漕ぎ
岸辺の草は変わらず生きて
あなたの面影ばかりがよぎる

あなたは喜び乗るでしょう
そうして私に言うでしょう
守人見えるかあの星が
おまえの星だと笑うでしょう
私は櫂を握り締め
あなたに背を向け言うでしょう
私に星は必要ないと
お前が見れぬ星などいらぬ
そうしてお前は背から消え
私は一人舟をおり
彼岸の遠さを思い知る
対岸の草は生きている
あの日のお前と同じ背の
輝く命変わらぬままの


--
パピルス古代エジプトで紙として使われてたのでその一葉一葉に記録である記憶を残す、って考えれば岸辺には沢山の記憶が残されてるんだろな~ってロマン